HOME > 予防歯科・歯周病内科

予防歯科・歯周病の治療

予防歯科

虫歯になってから、痛くなってから歯医者に行くものだと思っていませんか?
虫歯になってから、痛くなってから歯医者に行くものだと思っていませんか?

「歯が痛い」ということは、虫歯はかなり進行してしまっている状態であることが多いです。つまり痛くなってから歯科医院にかかった場合、歯を削る量は多くなり、削った歯は人工物で補填することになります。 

また虫歯を放置してしまうと、歯のなくなったスペースに隣の歯が寄ってきたり反対側の歯が伸びてきて噛み合わせに支障をきたすこともあります。噛み合わせは全身の健康にも密接に関係しているため、早い段階で修復することをお勧めします。 
定期的な検診などで歯の状態をチェックされることは、そういった理由からとても大切です。

当院は横浜市妊婦歯科健康診査の指定医院です

横浜市では2012年から妊婦歯科健康診査を推奨しています。 妊婦さんは初期症状である”つわり”で食の嗜好が変わったり、ホルモンバランスの偏りが原因で唾液の成分や量などの口腔環境が変化して歯肉炎や虫歯になりやすくなっています。
そこで、口の中の状態をチェックするとともに、口腔ケアのサポートをしています。 X線撮影は歯科の場合、線量が少ないため安全ですが、抵抗がある方にはご説明した上でどちらか決めていただいています。

●受診対象者●
横浜市内に住民登録のある妊婦の方

●受診回数●
妊娠期間中に1回 (無料)

●受診券の交付●
妊婦歯科健診受診券は母子健康手帳と一緒にお渡ししている、健診券綴りに入っています。

●健診費用●
無料

●健診内容●
歯科医師が、視診により、むし歯の有無、歯石の有無、歯肉の炎症の有無等を診査し、健診結果に基づく歯科保健指導を行います。レントゲン検査は行いません。

●受診時の持ち物●
  ○ 妊婦歯科健康診査 受診券
  ○ 母子健康手帳
  ○ 産婦人科の診察券

●注意事項●
 ※健診の結果、治療が必要な場合は、医療保険による治療費がかかります。
 ※市外に転出された方は、受診券は使用できません。
 ※実施医療機関以外では、受診券は利用できません。
 ※受診券の交付を受けず、歯科健診を受診した場合の費用の払い戻しは行いません。
 ※受診券を利用できる期間は、妊娠期間中のみです。出産後は使用できませんのでご注意ください。

●問い合わせ先●
  横浜市こども青少年局こども家庭課 TEL045-671-2455 FAX045-681-0925

※内容は変更になる場合がございます。詳細はこども青少年局のページにてご確認ください。
横浜市妊婦歯科健康診査

歯周病の治療

歯周病は虫歯よりも怖い病気?!

歯周病は生活習慣病のひとつです。 歯肉が腫れて出血するだけではなく、歯を支えている骨を溶かしてしまい、放っておくと歯が抜けてしまう病気です。気付かない内に進行してしまうので、定期的に歯や歯茎の下についた汚れを取り除くことが大事です。 プラーク(歯垢)を誤って肺に吸引したことで、それが血管に入り血栓を造るということも分かってきていますので、特にご高齢の方は注意が必要です。

歯周病の治療方法

ブラッシング指導や歯石除去の他に重度の場合は外科処置を行います。

ブラッシング指導
個々の歯並びにあった歯ブラシを選び、ブラシの当て方、動かし方、力の入れ方など 汚れを残さない丁寧な磨き方をご指導させていただいています。
時には検知液で歯垢の付着している箇所を鏡でチェックしていただいています。

歯石除去
歯ブラシで取り除けない部分に溜まったプラークが固まって歯石を作ります。歯肉のまわり、歯茎の下についた歯石は超音波スケーラーなどで除去していきます。深くまで入り込んだ歯石を除去する場合は麻酔をかけて痛みを伴わないように進めていきます。 

歯周外科治療

歯周病がかなり進んでしまうと歯肉が繊維化してしまいます。その悪い歯肉を麻酔下で除去します。
歯茎から膿がでているような歯は歯肉の内部に肉芽組織ができているので、歯肉を剥離して取り除きます。 
また骨の破壊、吸収が進行している箇所にはGTR法を適用したり人工骨を入れ、骨の再生を促していきます。
当院では院内処方をおこなっているので術後には痛み止めや抗生剤をお持ち帰りいただいています。

当院は横浜市歯周疾患検診の指定医院です

横浜市では、歯を失う大きな原因となっている歯周疾患の予防と早期発見を推進し、高齢期において健康で快適な生活が送れるよう支援することを目的として歯周疾患検診を実施しております。当院は横浜市の実施医療機関となっておりますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

【対象】
受診日時点で、横浜市在住の満40歳、満50歳、満60歳、満70歳の市民
(受診の際には、本人確認のため、健康保険証を持参してください)

【費用】
500円
 ただし、次に該当する方は費用が免除となります。
 ・70歳の方→ 健康保険証等、年齢が確認できるものをお持ちください
 ・生活保護世帯の方→「休日・夜間等診療依頼証」をお持ち下さい
 ・中国残留邦人支援給付制度が適用される方→「本人確認証」をお持ち下さい
 ・市民税・県民税の非課税世帯・均等割のみ課税世帯の方(事前に手続きが必要です)

※詳しくは、お住まいの区の福祉保健センター福祉保健課にお問い合わせください。

【検診項目】
横浜市歯周疾患検診は、下記の項目で行います。
 1.歯の状況(全ての歯を視診します)
 2.歯周組織の状況(特定の歯の歯周ポケット※を測定します)
   ※歯周ポケット:歯と歯肉の間の溝

 ※ レントゲンによる画像検査や歯石除去等は、横浜市歯周疾患検診では実施しません。
   また、治療が必要であっても、受診された方が希望しない限り、検診日同日に治療を行うことはありません。
   (検診日同日であっても治療をされた場合は、検診受診料とは別に窓口にて治療費を徴収されます)

【問い合わせ先】
健康福祉局保健事業課 (045-671-4040) 及び各区福祉保健センター福祉保健課

※内容は変更になる場合がございます。詳細は健康福祉局のページにてご確認ください。
横浜市 健康福祉局 保健事業課 [歯周疾患検診]

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒223-0061
神奈川県横浜市港北区日吉2-4-10
日吉バロンビル2F
【最寄駅】
東急東横線・横浜市営地下鉄
『日吉駅』西口より徒歩2分

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2016/12/19

年末年始の診療予定について
12/29(木)より、1/5(木)までを休診とさせていただきます。

2016/05/01

2016年5月1日より、医療法人樹会 ながおか歯科医院に名称変更いたしました。