HOME > 噛み合わせでお悩みの方へ

噛み合わせでお悩みの方へ

噛み合わせ治療

噛み合わせは全身の健康に影響します!
噛み合わせ治療

虫歯の治療をして途中で放っておいたり、虫歯で歯が欠けてそのままにしておくと、空いた場所に反対の歯が伸びてきたり、隣り合った歯が傾いたりします。その結果、顎が左右や後方にずれて顎関節に障害が及ぶことがあります。
症状としては開口障害、顎の痛み、頭痛などがあります。
就寝時にスプリントを装着していただき、症状の軽減をはかります。

噛み合わせに関するケースバイケースの治療法

■歯ぎしり
歯ぎしりがある場合は、ナイトガードを使っていただき、噛みしめなくします。


■噛み合わせ
虫歯治療の結果、左右の高さが異なっている人の場合は、スプリントで顎のずれを取ってから、左右前後のバランスを取って治していきます。

顎関節症の治療

顎関節症の原因と治療法

顎関節症は、咬み合わせがずれて起きているのか、もともと噛みしめがあったりして、もともとの咬み合わせが悪くて顎関節に症状がでているものを言います。

治療としてはスプリントを行うとともに、普段から口を開ける練習や、日ごろの噛み方の練習、変則的な咬み方をしないといったことを実践することで治る場合があります。
ひどい人の場合は、個々に合った治療法を見つけ出してチョイスするのには時間と日数がかかりますが、患者さんと話し合いながら一番いいもの、方向性を見つけて治す努力をしています。

治療期間

虫歯治療などと違って、人によってさまざまなので、一概には言えません。
3カ月で治る人もいれば、何年も付き合っている方もいらっしゃいます。治癒するのが難しいものなので、完全になくなる人もいるのですが、100%ダメだったところを半分ぐらいに縮めるといったことが目標になる場合もあります。

音が鳴る、噛むと痛いという症状だけでいえば、2、3カ月で軽減することが多いです。

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒223-0061
神奈川県横浜市港北区日吉2-4-10
日吉バロンビル2F
【最寄駅】
東急東横線・横浜市営地下鉄
『日吉駅』西口より徒歩2分

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2016/12/19

年末年始の診療予定について
12/29(木)より、1/5(木)までを休診とさせていただきます。

2016/05/01

2016年5月1日より、医療法人樹会 ながおか歯科医院に名称変更いたしました。